外壁塗装を長期間不要にする塗装とはどのようなものか

外壁塗装を長期間不要にする塗装とはどのようなものか 戸建住宅などの建物は、定期的な外壁塗装が必要です。
理由は風雨や太陽光の紫外線からのダメージを受けないようにすることで、これを怠ると外壁は速やかに傷んでしまいます。
近年ではメンテナンスフリーと呼ばれる外壁が注目を浴びていますが、確かに外壁塗装が不要なものがあれば住宅にかかるメンテナンス費用が抑えられますので、初期投資がかかったとしても後々ではコスト面で有利になります。
ではメンテナンスフリーの外壁とはどのようなものでしょうか。
戸建住宅には、外壁や屋根の大掛かりな修理が必ず必要になります。
10~15年で必要と言われていますが、この期間を延ばすことができる素材や工法のことを住宅業界でメンテナンスフリーと呼んでいるのです。
つまり従来のものより耐久性の優れた外壁のことを指しています。
耐久性の高い外壁素材はタイルが挙げられますが、サイディング・モルタル塗りの外壁でも高耐久性の塗料や外壁の自浄効果がある光触媒塗装と組み合わせることによって、それに近い性能にすることが可能です。
モルタルやサイディングの仕上げとして使われる塗料には、アクリル系・ウレタン系・シリコン系・フッ素系などがありますが、中でも光触媒塗料は、外壁に付着した汚れを太陽光によって分解し、雨水によって洗浄する機能を持っています。
更に光触媒塗料は建物周辺の空気を浄化、臭気を分解、遮熱効果も持ち合わせていますので、メンテナンスを不要にする外壁塗装の代表的なものと言っていいと考えます。

外壁塗装にはラジカルなどのいろいろな種類があります

外壁塗装にはラジカルなどのいろいろな種類があります 外壁塗装にはいろいろな種類があります。
例えばウレタン塗料は耐久年数が7~10年で、柔らかい性質があり万能塗料です。
細部塗装に適していますが、外壁塗装として使用する場合は耐久年数がやや劣ります。
昔ながらの業者は今も使用していますが、最近ではあまり使われていません。
アクリル塗料は耐久年数が6~8年で、約30年以上前にリリースされた塗料です。
当時ひび割れなどの劣化に対応して画期的でしたが、汚れやすいということもあげられます。
シリコン塗料は耐久年数が12~15年で、耐久性や価格の安定性から人気があります。
シリコンを含有していて汚れにくく、高い性能を発揮することが可能です。
ラジカル塗料は耐久年数が14~16年で、これまでの塗料にはなかった高緻密無機シールド層によってUVや酸素・水による塗膜劣化などを予防することができます。
フッソ塗料は耐久年数が15~20年で、価格が高いですが一般住宅に利用すると豪華な質感である印象を与えることができます。
耐久性が良いので住宅を長期間美しい状態で維持することが可能です。
このように外壁塗装にはいろいろな種類があるので、自分の希望やニーズ・予算などに応じて選択することができます。

沖縄での塗装工事をお考えなら

沖縄 塗装